Nav
ホーム > エコカー

ホンダ、感情エンジン搭載のEVコミューター「NeuV」を初公開へ

2016.12.7(Wed) 15:55
  • email

本田技研工業(ホンダ)は6日、2017年1月5日から8日まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催される「CES 2017(国際家電ショー)」において人工知能(AI)を搭載したEVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」を展示すると発表した。

Like Us on Facebook

世界初公開となるNeuVは、AI技術「感情エンジン」を搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー。コミューターはいわゆるミニカーのことで、一人乗りの自動車だ。日本ではあまり普及してこなかったが、近年、自動車メーカー各社による電気自動車への投資が増える中、「EVコミューター」への関心も高まっている。「感情エンジン」は、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発したAI技術で、機械自らの感情を擬似的に生成する機能を有するという。

ホンダではまた、独自のロボティクス技術を活用したユニークな二輪のコンセプトモデルも世界初公開するほか、パーソナルモビリティ「UNI-CUB β」の体験試乗コーナーや、コネクティッドカー技術でスムーズな交通の流れを実現する提案なども紹介。米カリフォルニア州シリコンバレーにある情報技術に関する研究開発拠点「Honda Silicon Valley Lab」で取り組んでいる車載エンターテイメントの新技術など、他社とのオープンイノベーションにより実現したさまざまな技術も展示する。

※この記事は財経新聞から配信を受けて掲載しています。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News