Nav
ホーム > エコカー

トヨタ、燃料自動車ミライをオーストラリアに試験導入

2016.7.13(Wed) 13:52
  • email

トヨタ自動車のオーストラリアの生産・販売事業体であるToyota Motor Corporation Australia Ltd.(TMCA)は12日、3台の燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を試験的に導入すると発表した。

本年末の移動式水素ステーションの導入をもって、本格的に「MIRAI」の路上走行を開始する。移動式水素ステーションは、地上据え付け型でも、トラック荷台据え付け型でも可能になっており、様々な場所で「MIRAI」の燃料補給が可能になるという。

Like Us on Facebook

燃料電池技術のメリットのひとつに、将来の代替燃料として最も有望な水素を燃料としていることが挙げられる。また、FCVは使用時に水しか排出しない、環境に優しいという特徴がある。「MIRAI」は現在、米国のカリフォルニア州、日本、欧州各国で販売されている。

※この記事は財経新聞から配信を受けて掲載しています。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News