Nav
ホーム > ビジネス

カレコ、カーシェア業界初のメルセデスベンツ100台以上導入

2016.7.1(Fri) 20:06
  • email

カーシェアリングサービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」を運営するカーシェアリング・ジャパン(CSJ)は、1日より新たに、メルセデス・ベンツ6車種計100台以上を導入する。カーシェア業界において、100台以上のメルセデス・ベンツ車導入は初めての試みになるという。合わせて、従来の「輸入車」プランよりも割安となる「プレミア」料金プランを新設し、「輸入車」プランを新プランに統合する。

Like Us on Facebook

CSJによると、これまで導入してきた車種の中でも輸入車は特に会員から非常に好評といい、今回の大規模導入に至ったという。

第一弾として、1日より、「セルリアンタワー」「新宿三井ビル」「リパーク横浜駅西口」の特設ステーション3拠点に、メルセデスAMG A 45 4MATICを含む6車種計19台を配置する。以降、第二弾として首都圏の一般ステーションへ順次導入し、合計で100台以上のメルセデス・ベンツ車両の設置を予定している。

新設された「プレミア」プランは、アウディ、メルセデス・ベンツといった輸入車に加え、マツダ・ロードスターなどのスポーツカーも含まれ、ワンランク上の車種を用意。料金は、10分240円~となっており、これまでの輸入車プランより2割安くなっている。

CSJではまた、4月28日から6月30日までの期間限定で実施していた「月会費1年間無料」キャンペーンも、9月31日まで延長。同キャンペーンでは、個人会員向け料金プランである「ベーシックプラン」または「平日プラン」の新規入会者を対象に、利用開始月から1年間、月会費(月額980円)が無料としている。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る