Nav
ホーム > 評価・レビュー

ヘネシーのヴェノムGT、オープンカーでの世界最速達成、その速さは?【動画】

2016.4.13(Wed) 21:42
  • email

米ヘネシー・パフォーマンスは2年前、同社のヴェノムGTクーペによって、ギネス認定はされなかったものの、世界最速となる時速270.4マイル(時速435キロ)を記録し、ブガッティのヴェイロン・グランド・スポーツとのスピード競争に打ち勝った。そして、25周年を迎える今年、ヘネシー・パフォーマンスは再びライバル車を凌駕し、世界最速記録を打ち立てた。

Like Us on Facebook

改良版のヴェノムGTスパイダーで達成

今回の世界最速記録は、オープンカーによるものだ。AutoExpressによると、これまでの記録は、ブガッティのヴェイロン・グランド・スポーツ・ヴィテッセが記録した時速254マイル(408キロメートル)だった。ヘネシーは、改良版のヴェノムGTスパイダーを使用。新しい目標を時速265.6マイル(427キロメートル)に設定し、カリフォルニア州レモーにある米国海軍の2.9マイル(約4.6キロメートル)の滑走路にて、これを達成した。

 

改良された7.0リッターV8エンジンは1451馬力を発揮。ヴェノムGTスパイダーは、停車状態から時速100マイル(160期メローとる)までは4.4秒で、時速60マイル(96キロメートル)までは2.4秒で、それぞれ加速する。今回の新記録を記念し、ヘネシーではさらにこのタイプの車体を2台製造することを意図しており、1台の価格は130万ドル(約1億4200万円)となる。

「2016年は、まさにヘネシー・パフォーマンスの25周年を記念する年だ」と、同社の創設者ジョン・ヘネシー氏は語り、「最速車をさらに早くすることが、25周年祝う特別な方法になると考えている」と話す。スピードテストは、レースロジックが確認し、フォード・パフォーマンス・レーシング・スクールのディレクターであるブライアン・スミス氏がハンドルを握ったと、Digital Trendsは報じている。

ジョン・ヘネシー氏は、最速テストをヴェノムGTスパイダーという屋根の無いオープンカーで挑むことにしたのは、クーペモデルがNASAのスペースシャトル用滑走路にて時速270.4マイルを記録したことがきっかけだと語った。改良版のヴェノムGTスパイダーは、6速変速を備え、最大トルクは178kg・m。「このテストは、オープンカーでも高速走行時の安定性を保つという、我々の技術的な優秀さを証明するものだ」とジョン・ヘネシー氏は語った。 

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

最新ニュース

もっと見る