Nav
ホーム > ビジネス

オリックス自動車、オープンイノベーション活用で新サービス構築

2016.3.14(Mon) 17:35
  • email

オリックス自動車は14日、スタートアップコミュニティを運営するCreww(クルー)と共に、オリックス自動車が有する経営資源と、スタートアップ企業の技術・アイデアを掛け合わせ、新規事業を創出するプログラムの参加募集を開始した。

Like Us on Facebook

クルーは、同社が運営するオープンイノベーションプラットフォームの「Creww」上で、2012年から今日まで、50件以上の大企業とスタートアップ企業のオープンイノベーションプログラム「crewwコラボ」を開催し、1000件以上のエントリーから137件が採択され事業提携などに結びついている。ビジネスモデルを初期段階から構築するのではなく、スタートアップ企業が有するビジネスモデルに、大企業の経営資源を掛け合わせるため、スピーディーに共同事業が実現。スタートアップ企業の成長速度を加速させるとともに、大企業の新たな事業チャネルの開拓が可能としている。

オリックス自動車は、「リース」「レンタカー」「カーシェアリング」から「中古車売買」、付加価値の高い「車両管理サービス」まで、自動車の利用に関するトータルサービス事業を展開。車両の購入から利用、保持・運転管理、売却に至るまでのクルマのライフサイクルのあらゆる場面に携わっている。クルーとのコラボ企画により、各サービスのシームレスな連携や、自社保有データを活用した新たなIoTサービスの導入など、スタートアップ企業の技術やアイデアを掛け合わせた新たな自動車サービスを構築し、顧客へ提供したいとしている。

企画では、オリックス自動車がまず提供可能なリソースをCreww上で提示する。リソースの中には、オリックス自動車が持つ国内自動車リース業界1位となる台数120万台の管理車両に加え、全国約1000拠点・6万台・会員60万人のレンタカー、全国1300箇所以上のカーシェアリング、全国10箇所の中古車販売店舗、運転の日時・場所・目的地・距離・速度・燃費などのデータや、クルマのメンテナンス情報の記録などがあげられており、応募者はこの中から利用したいリソースを選択し、共同事業案件をエントリーする。

オリックス自動車では今回のコラボでの達成目標として、「スタートアップのサービスとオリックス自動車のサービスを掛け合わせて、今までにないユニークなサービスを一緒に展開」「クルマに乗る前、乗車中、乗車後など全ての導線において、子供~大人、シニアまでさまざまな方の生活がより豊かになる価値を創造」「クルマを「使った」ビジネスの可能性を、もっともっと広げる」ことなどを掲げている。

エントリー期間は3月25日まで。1次選考やプレゼンを経て、5月10日に2次選考が予定されている。応募は、個人や法人、分野、業種を問わず、すべてのスタートアップが可能となっている。 

Copyright ⓒ 2019 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News