Nav
ホーム > 新車

ジャガー、錦織圭モデルの特別仕様車「Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION」を発表

2014.11.20(Thu) 20:16
  • email

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、特別仕様車「Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION(錦織圭エディション)」を、全国のジャガー正規販売店にて11月20日より限定35台で受注開始した。価格は1046万円(税込)から。

同特別仕様車は、パワフルで俊敏性に優れ、類いまれなるダイナミクス性能を誇るオールアルミニウム製ボディのピュアスポーツカー「Fタイプ」2016年モデルをベースに、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織圭選手とともに開発されたもの。

Like Us on Facebook

ジャガーと錦織選手は、今年9月に、既存のブランドイメージや歴史を進化させ頂点を目指すという共通の目的からパートナーシップを組み、アンバサダー就任を発表している。今回、自らの名前を冠したモデルが欲しいという錦織選手の願いを叶えるべく、「Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION」が誕生した。販売台数は、ベースモデルの「Fタイプ」2016年モデルが7車種展開となることと、錦織選手が2014年シーズンにおいて自己最高となる世界ランキング5位を記録したことを記念し、それぞれの数字を掛け合わせて(7車種×5位)35台限定としている。

内外装のカラーや仕様は錦織選手とともに選定している。ボディカラーは、頂点を目指す錦織選手の希望により、情熱的なメタリックペイント仕上げのファイヤーサンド(オレンジ)に決定した。

主要パーツにおいては、グロスブラックでまとめたブラックパックを適用し、カーボンファイバー仕上げの堅牢かつ軽量な20インチBlade鍛造アロイホイール、レッドブレーキキャリパーを装着し、「Fタイプ」の高いスポーツ性能を補完する。

インテリアには、ボディカラーの情熱的なイメージとは対照的なジェット(黒)のプレミアムレザーのパケットスタイル・パフォーマンスシートを取り入れてシックにしながらも、外装色と同じファイヤーサンドのステッチを施し、内外装に統一感をもたせている。

さらに、左右のフェンダーのパワーベント下に「KEI NISHIKORI」バッジを、ダッシュボード左端に「KEI NISHIKORI EDITION」と35台分の1台を表す「1/35」という文字が書かれたシルバープレートを、そしてエンジンフードには「KEI NISHIKORI EDITION」「1/35」に加え、錦織選手のサインが描かれたシルバープレートをレイアウトしており、特別なモデルであることを強調している。

ベース車両については、ボディタイプはクーペとコンバーチブル、エンジンタイプはV6スーパーチャージド(最高出力340PSもしくは最高出力380PSの2種類)とV8スーパーチャージド(最高出力550PS)、トランスミッションは6速MTと8速オートマチックトランスミッション(AT)、駆動方式は後輪駆動(RWD)とAWDが組み合わさった「Fタイプ」2016年モデル全7車種の中から選択できる。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News