Nav
ホーム > 新車

SUBARU、「WRX STI」の大幅改良モデルを発表

2017.5.24(Wed) 13:30
  • email

SUBARUは24日、「WRX STI」の大幅改良モデルを6月20日に発売すると発表した。 

今回の改良では、ハンドリング性能やコーナリングのさらなる限界性能を向上させ、安全性能と実用性も強化することで、WRXシリーズ独自の価値を更に追求することになる。

Like Us on Facebook

新電子制御マルチモードDCCD採用でハンドリング性能が向上

新電子制御マルチモードDCCDの採用による車両のハンドリング性能向上、新開発ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、19インチアルミホイール&タイヤの採用によるコーナリングの限界性能向上によって、「WRX STI」の持つAWDスポーツパフォーマンスを一層向上させ、サスペンション設定の最適化等で優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立した。

他にも、ステアリング連動ヘッドランプやドライバーの前方確認をサポートするフロントビューモニターや、ルーフキャリアブラケットを採用し、安全性能及び実用性も強化した。 

シャープになった新デザインのフロントバンパー 

エクステリアでは、シャープな印象の新デザインフロントバンパーを採用。インテリアでは、インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネルや運転席&助手席8ウェイパワーシート付レカロフロントシートを備え、9インチ大型カラー液晶のディスプレイを備えるなど質感と実用性を向上させた。

価格はWRX STIが386万6400円、WRX STIタイプSが406万800円、月販目標は175台。 

WRX STIの改良内容 

エクステリア 
・ 新デザインフロントバンパー 
・ 19インチアルミホイール&245/35R19タイヤ 


インテリア 
・ インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネル 
・ 運転席&助手席8ウェイパワーシート付RECAROフロントシート 
・ レッドカラーシートベルト 
・ 9インチマルチファンクションディスプレイ 

メカニズム
・ 新電子制御マルチモードDCCD 
・ ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ 
・ サスペンション設定の最適化 

安全性・実用性
・ LED2灯ハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ 
・ フロントビューモニター 
・ ルーフキャリアブラケット

関連タグ スバル, WRX STI

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News