Nav
ホーム > 新車

ホンダ、「S660」に特別仕様車を設定し発売

2017.5.19(Fri) 14:25
  • email

ホンダ18日、スポーティーな走行性能の2シーター・オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」のαグレードに特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」を新たに設定し、6月2日から11月30日までの期間限定で販売することを発表した。

Like Us on Facebook

また、S660の走行データから、シフトチェンジのタイミングを判定し、ドライバーにフィードバックしたり、走行を重ねることでアイテムが増えるゲーム性も取り入れた、S660専用のiPhone向けアプリ「Rev Beat S660(レブビートエスロクロクマル)」が、6月2日よりダウンロード可能となる。

高級志向のインテリア 

「ブルーノ・レザーエディション」のボディーカラーは、特別色の「ベルベットマルーン・メタリック」ほか、「プレミアムスターホワイト・パール」「アドミラルグレー・メタリック」の全3色となっている。その他には、ブラックドアミラー、オールブラックアルミホイール、スポーツレザーシート、本革巻ステアリングホイール、インパネソフトパッドなど、「ジャズブラウン」カラーでまとめられたインテリア、専用アルミ製コンソールプレート・センターディスプレイ(internavi POCKET連携)が装備される。

αの標準仕様218万円に対して10万円アップという価格設定なために、人気になりそうな限定車である。

α特別仕様車 「Bruno Leather Edition」 車両本体価格(税込み) 2,280,000円

(プレミアムスターホワイト・パールのみ3万2400円プラス) 

自分のドライビングに「Bad!」と表示されるかも! 

6月2日にリリースされるのは、「S660」専用のiPhone向けアプリ「Rev Beat S660(レブ ビート エスロクロクマル)」。

「センターディスプレイ」を装着しているすべての「S660」で使用が可能で、「S660」の走行データからシフトチェンジのタイミングを判定してセンターディスプレイに「Excellent」「Good」「Bad」表示と音声でフィードバック(6MT車のみ)をしたり、走行を重ねることで専用楽曲などのアイテムが増え、iPhoneで保存・確認でき、Twitterへの投稿も可能となるなどゲーム性も取り入れたものになっている。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News