Nav
ホーム > 新車

4月新車販売、トヨタ・C-HRが初の首位に

2017.5.12(Fri) 14:12
  • email

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は9日、4月度の車名別新車販売台数を発表した。 

C-HR、SUVとして初の総合トップに 

需要期であった3月度に比べて全体が大きく落ちこむなか、昨年12月に発売されたトヨタのC-HRが13,168台で、統計を始めてから初めて、SUV車として首位となった。2位はホンダのN-BOXで前年同月比4.9%増の12,265台。3位はダイハツのムーヴで12,004台と大幅増となり、4位にはタントが入り、プリウスは5位、ワゴンR、ノートと続いた。

Like Us on Facebook

1位C-HR 13,166台 前月比78.3% 
2位N-BOX 12,265台 同46.9% 前年比104.9% 
3位ムーヴ 12,004台 同79.6% 同259.7% 
4位タント 11,926台 同62.1% 同108.5% 
5位プリウス 9,920台 同44.2% 同47.8% 
6位ワゴンR 9,654台 同69.2% 同174.2% 
7位ノート 9,263台 同38.0% 同157.1% 
8位デイズ 9,193台 同48.6% 同374.8% 
9位フリード 9,111台 同61.6% 同59.3% 
10位アクア 7,762台 同43.6% 同59.3% 

セレナ、ノート、CX-5失速 

登録乗用車ではC-HRが前月からの減少を最小限に食い止め、反対に落ち幅の大きかったプリウス、ノート、セレナという上位の常連を抑えての躍進となった。そのセレナは、前月比3割を切る大幅な落ち込みで、ノートも大きな落ち込みとなった。 

プリウス、アクア、シエンタというベスト3が前月比40%台と落ち込む中、低価格のルーミー/タンク」が順位を上げたのが印象的。その他、前月比23%台というマツダのCX-5の不振が気になる。

1位C-HR 13,166台 前月比78.3% 
2位プリウス 9,920台 同44.2% 前年比47.8% 
3位ノート 9,263台 同38.0% 同157.1% 
4位フリード 9,111% 同61.6% 同59.3% 
5位アクア 7,762% 同43.6% 同59.3% 

ムーヴ、絶対王者N-BOXに僅差!

前月からの落ち込みが大きかった軽自動車は、トップのN-BOXと2位のムーヴの差が161台と僅差にせまった。このムーヴとワゴンRの前年比増が大きく、中でもムーヴの伸び率は驚異的で、次月にはN-BOXを抜く勢いだ。5月に入ってダイハツのハッチバックタイプ・ミラ イースがフルモデルチェンジされ、スズキ・アルトとの販売競争の結果が注目される。

1位N-BOX 12,265台 前月比46.9% 前年比104.9% 
2位ムーヴ 12,004台 同79.6% 同259.7% 
3位タント 11,926台 同62.1% 同108.5% 
4位ワゴンR 9,654台 同69.2% 同174.2% 
5位デイズ 9,193% 同48.6% 同374.8%

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News