Nav
ホーム > ビジネス

ブーツモービルの大冒険が日本でも開催中

2017.5.8(Mon) 12:58
  • email

米アウトドアブランド「L.L.ビーン」のブーツをモチーフにした楽しい車「ブーツモービル」。アメリカ中を走り回って話題を振りまいた「ブーツモービル」のジャパン・ツアーが開催中だ。

L.L.ビーンの日本支社は、4月26日より、ブランド創業のきっかけとなったアイコン的商品「ビーン・ブーツ」をモチーフとしたプロモーションカー「ブーツモービル」の走行を開始した。

Like Us on Facebook

ブーツモービルは2012年、創業100周年を記念して米国本社で制作された車で、5年にわたって14の州を横断し16万マイル以上を旅してSNS等でも話題となり、現在では2台が活躍している。

ディスカバーL.L.Beanジャパンツアー2017

そして、3年の歳月をかけて日本の公道を走れる「ブーツモービル」を制作、安全基準を満たした日本仕様の「ブーツモービル」がデビューすることになった。日本仕様も高さ3.4m×幅2m×長さ5mという大きさで、どこからでも目立つこのブーツ・・いや、車が日本各地を走行している。

同社では、ブーツモービルを「ムービング・アドバタイジング」として活用し、首都圏を走行するシティツアーや、店舗でのイベントを実施する。 店舗イベントは今後、13日・14日に横浜店、20日・21日に日比谷店、27日・28日は豊洲店に登場するほか、5月中は都内各地に出没予定だ。

ちなみに、先日行われた、ブーツモービルのデビューイベントでは、日本支社長のラッコ・バコ氏が助手席から手を振っている様子がツイートされている。ツイッターやインスタグラム等SNSでのキャンペーンも展開しており、フォロー&リツイートで合計50名にはプレゼントが当たる。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News