Nav
ホーム > 新車

スバルの新型SUV、名称は「アセント」に決定

2017.4.15(Sat) 17:43
  • email

スバルは、14日から開催されている2017年ニューヨーク国際自動車ショーにて、 新型3列ミッドサイズSUVのデザインコンセプトカー「スバル・アセント・SUVコンセプト」を公開した。

Like Us on Facebook

スバル・アセント・SUVコンセプトは、スバル共通のデザインフィロソフィー"ダイナミック x ソリッド"を採用し、3列SUVに必要なゆとりあるサイズ感に加え、スバルの特徴である機能性を内外装において提示しているモデルである。

スバルが北米市場専用車種として米国生産拠点であるスバル・オブ・インディアナ・オートモティブにて生産する量産型「アセント」は、スバル・グローバル・プラットフォームや新開発される水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導入予定となっている。

日本への投入を期待する声もあるが、コンセプトカーのボディサイズを見ると、5mを超える全長、1,990mmの全幅ともに大き過ぎ、このままで国内市場向けにラインナップするのは現実的ではなさそうだ。

尚、公式ホームページでは、スバル・アセント・SUVコンセプトの画像をはじめ、映像等を配信している。

スバル・アセント・SUVコンセプトの仕様

全長/全幅/全高:5,050 /1,990 / 1,840 mm
ホイールベース:2,970 mm
乗車定員:7名

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る