Nav
ホーム > ビジネス

ジャガー・ランドローバー、巨人とオフィシャルカー契約、計70台提供

2017.3.28(Tue) 14:54
  • email

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは24日、読売巨人軍とオフィシャルカー契約を締結し、巨人軍の監督、コーチ、選手等を対象にジャガー車およびランドローバー車をオフィシャルカーとして計70台提供すると発表した。創立80年以上の歴史を持つ巨人軍が、自動車ブランドとオフィシャルカー契約を締結するのは初めてという。

Like Us on Facebook

ジャガーは『THE ART OF PERFORMANCE』、ランドローバーは『ABOVE & BEYOND』というブランド・タグラインを活用し、それぞれの世界観をもった製品をグローバルで展開。今回、巨人の「アーティスティックなプレースタイル」、「卓越したパフォーマンス」、「自らの限界を設けず高みを目指し常にNo.1に挑戦する姿勢」が、ジャガーおよびランドローバーのブランド精神と共通することから、契約締結が実現したという。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長は、今回の契約締結について、「大変光栄」と述べ、「安全で楽しく、そしてリラックスできるジャガーおよびランドローバー車両を提供し、グランドの外からサポート」していくとコメント。読売巨人軍の久保博社長は、オフィシャルカーとしてのサポートに「大変感激」と述べ、「伝統を守りながら革新を追求する企業とチームのコラボレーションでお互いのブランド価値が一層高まっていくことを期待」すると述べた。

今回の契約締結に伴い、31日に開幕するセ・リーグ公式戦では、東京ドームで行われる巨人のホームゲーム全63試合で、ジャガーおよびランドローバーの特別ムービーが東京ドーム内のオーロラビジョンで上映される。さらに、巨人と連携したイベントやキャンペーンなども今後展開していく予定だ。

※この記事は財経新聞から配信を受けて掲載しています。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る