Nav
ホーム > バイク・自転車

ヤマハ「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」のカラーリング変更

2017.2.24(Fri) 15:54
  • email

ヤマハ発動機は21日、水冷・直列2気筒320cm3エンジンを搭載する「YZF-R3 ABS」および水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「YZF-R25 ABS」「YZF-R25」のカラーリングとグラフィックを変更し、3月15日より発売すると発表した。

Like Us on Facebook

YZF-R25は、インドネシアの現地法人で生産している250ccモデルの二輪車で、2014年に東南アジアで発売され、日本にも導入された。YZF-R3は、YZF-R25をベースに排気量を320ccにアップして発売されたモデルで、「YZF-R3 ABS」はその日本仕様車。それぞれ、高次元な走行性能とスタイルを具現化し、同時に日常での扱いやすさを両立したモデルとして人気を得ている。

今回展開されたのは新色の3色。「マットブラック」は、ブラックのベースカラーにレッドを取り入れ、質感とスポーティさを共存させた。「ホワイト」は、グラフィックに鮮やかなイエローを配色し、街中で個性を際立たせるカラーリングとしている。「ブルー」は、ヤマハのスポーツスピリットを継承するレーシングブルーを継続し、グラフィックを一新した。

メーカー希望小売価格は「YZF-R3A」が63万1,800円、「YZF-R25A」が59万9,400円、「YZF-R25」が55万6,200円(いずれも税込)。

※この記事は財経新聞から配信を受けて掲載しています。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News