Nav
ホーム > 新車

プリウスPHV、フルモデルチェンジし発売開始

2017.2.16(Thu) 13:59
  • email

トヨタ自動車は、プラグインハイブリッドモデル「プリウスPHV」をフルモデルチェンジし、2月15日より販売を開始した。

新型の「プリウスPHV」は、大容量リチウムイオン電池の搭載やシステムの効率化により、環境性能を大幅に進化させ、EV走行距離を従来型の2倍を超える68.2kmに拡大させ、さらにEV走行最高速度を135km/hとするなど、EV走行の領域を拡大している。また、ハイブリッド燃費も37.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現している。

Like Us on Facebook

PHVで重要な満充電までの時間は100V/6Aで約14時間、200V/16Aで約2時間20分、急速充電(約80%)は約20分とされ、量産車世界初となるソーラー充電システムは最大約6.1km/日(平均で約2.9km/日)の走行分を太陽光発電でまかなうことが出来るようになった。

外部給電機能も装備され、新しい「EV給電モード」ではエンジンをかけずに家電が利用でき、エンジンが作動する「HV給電モード」では、最大1500Wの出力でガソリン満タン状態なら2日程度の電力を供給できる。

「プリウス」とかなり印象が異なるエクステリアは、フロントに大型グリルと4眼で左右16個のLEDを制御するアダプティブハイビームシステムを採用。リアはダブルバブルウインドゥ、一本の赤いラインでつないだハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプなどと個性的なデザインとなった。

価格は326万1600円から422万2800円。月販目標は2500台。

化粧直しされたエクステリア 

ようやく登場した「プリウスPHV」。「プリウス」で不評だったエクステリアデザインはすっかり化粧直しされて美人になったイメージだ。特にフロントは無理に幅を狭めてせっかくの「MIRAI」的デザインが台無しになっていた「プリウス」から豹変、広がりのあるアダプティブハイビームシステムと呼ぶLEDランプによって、本来の姿に戻った 

326万円という価格は得なのだろうか?

PHVの性能は旧型より大幅に向上し、60km以上走れるなら普段の買い物程度ならエンジンを始動させないで済みそうだ。それにしても326万円台からという価格はどう考えたらいいのだろうか。 

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る