Nav
ホーム > ビジネス

ホンダ、米国での販売好調 1月としては過去最高の販売台数

2017.2.13(Mon) 18:13
  • email

米国ホンダは1月の販売総数が10万6,380台となり、前年同月を5.9%上回ったうえ、1月としては最高記録を達成したと発表した。およそ半数がホンダのトラックで、30.2%増の5万1,337台を売り上げ、こちらも1月の最高記録となった。

Like Us on Facebook

ホンダ部門では7.7%増の9万7,178台、アキュラ部門では9,202台の10.2%減だった。

2016年に3期連続の伸びを誇ったホンダ部門では、トラックが好調だったほか、CR-VとHR-Vも急上昇し、それぞれ52.5%増の2万9,287台、36.2%増の5,689台を売り上げた。アコードとフィットも好調だった。

「自動車業界が急速に成長したときには、我々の保守的な成長戦略は批判されがちだったが、業界の売り上げが伸び悩んできた今、それが利益を生みつつある」とホンダ部門のゼネラルマネージャー、ジェフ・コンラッド上級副社長は述べた。

アキュラ部門では、RDXが3.2%増の3,202台を売り上げるなど、軽トラックが堅調だったが、他モデルは軒並みマイナス成長となった。

「(今年1月)アキュラはトラックを中心に着実なペースを維持した。また、1月末に発売されたアキュラNSX GT3のおかげで、アキュラブランドは勢いを増している」と、アキュラ部門のゼネラルマネージャー、ジョン・イケダ副社長は述べた。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

関連記事

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News