Nav
ホーム > 社会

盗難・密輸スーパーカーの行方はどこに?一部が判明

2017.1.30(Mon) 16:01
  • email

スーパーカーは、泥棒にとって魅力的な一品だ。盗難された高級車の行方を追ってみると、南アフリカのヨハネスブルグにあるディーラーから、複数の盗難スーパーカーがアフリカ南部に流れていることが分かった。

一部の専門家によると、このような高級車の発注は、主にドイツの自動車産業から来ているが、そもそもは南アフリカの近隣諸国に住む人々に由来した注文だという。その一つは、中東地域だ。

Like Us on Facebook

報道によると、泥棒はスコットランドのメルローズで、インフィニティ・モーターズのセキュリティシステムを通り抜けることができた。彼らはトヨタのランドクルーザー、ランドローバーのレンジローバーイヴォーク、BMWのX6モデル、メルセデスベンツのML 63、ML 43、G 63の計6台を、日曜日の朝に盗んで逃走した。

その後、盗まれたスーパーカーのうち3台が、英国のヨービル、ケンジントン、べレアで見つかった。盗難にあったインフィニティ・モーターズの販売店の共同オーナーであるJason Nestadt氏は、この事件についてコメントはしていない。

トヨタのインフィニティ販売店での盗難事件から1週間後、再びインフィニティ・モーターズで盗難があった。前回の盗難の犯人と同じグループと思われ、トヨタのハイラックスやランドクルーザーなど計7台が盗まれた。このうち、ジンバブエで1台が発見され、それに伴い計4台のスーパーカーが取り戻された。

越境犯罪捜査専門の民間調査官Danie Day氏は、「現在、ザンビアでは、アウディやBMW、メルセデスベンツなどの高級ドイツ車のレンタル需要が高まっている。最近はメルセデス・ベンツのML55を扱っていたディーラーでのゆすり詐欺が明らかにされたほか、メルセデス・ベンツML 63がその国で回収された」と語った。また、多くのスーパーカーがモザンビークを通ってドバイに輸出されていることを同氏のチームが発見したとも語った。

現時点では、捜査は依然として難しい状況にあるとMavela Mosondo警部は言う。ただ、「今回の盗難事件につながる可能性があるかどうかを調べるために、多くの他の高級車販売店の盗難事件を捜査している。防犯カメラの映像を見直し、容疑者を特定できるかどうか確認する予定だ」とも述べた。 

※この記事はAuto World Newsの記事を翻訳・編集したものです。

Copyright ⓒ 2017 Auto World News All rights reserved.

最新ニュース

もっと見る

Auto World Newsをフォローする

アクセスランキング

World Auto News